ボラティリティとは?

ボラティリティとは、株価などにおける変動率の大きさを示すものです。

ボラティリティが高いということは、それだけ値動きの乱高下が激しくなっていることです。

ボラティリティは、一般的に標準偏差を用いて表します。

ボラティリティが高い状態だとオプション価格が高くなり、低い状態だとオプション価格が低くなります。

オプション価格は、資産価格がどれくらい変動するかによって決まります。

そうなると、ボラティリティが高い状態のほうが、高くなるということです。

ボラティリティは大きく分けて2つの種類になります。

インプランド・ボラティリティは、将来の変動率を予測したもので、予想変動率ともいわれています。

この将来の変動率には、人気や期待度などの市場関係者における将来の予想が反映されます。

さらに歴史的変動率(過去の相場の変動率)をもとに、今後の動向や需要関係を加味して決定されるのです。

ヒストリカル・ボラティリティは、歴史的変動率といわれているもので、過去のデータに基づいて算出した将来の変動率です。

この数値は、日々の原資産価格の変化率の平均値として計算されるものです。

ちなみに上記しましたが、この歴史的変動率は予測変動率を推測するのに使われます。

ボラティリティの仕組み自体は、おおざっぱに覚えているだけで構いません。

それがどういうものなのかを知っておくことが重要です。

そして、ボラティリティのデータを参考にして戦略を立てていけば、大きなチャンスを掴むことができます。