転職を考えている人の問題点とは?

転職を考えている方の中にはいくつかの問題点が発生していることもあるようです。
特に公務員が転職を考えた場合には退職前5年間にさかのぼって取引のあった関連する民間企業に退職後2年間は就職できないという規則があります。
そのため「転職」とは言っても、これまで経験してきた職掌とは違う職種への転身を余儀なくされる場合の方が多いようです。
企業側から見ると、転職希望者に対してはあまりよい見方をしません。
知識や経験を買ってヘッドハンティングする場合は別ですが、離職・就職を繰り返した方に対してはいくら正当な理由があったとしても人間性に問題があるのでは?転職がかなったとしてもこれまで培ってきたスキルを発揮できない部署へ配属されてしまったり、あなたにとって不利なポストへ就くこともあるようです。