プロバイダーの実質的な値下げってどういうこと?

最近のインターネット接続サービス業界では、キャリアはプロバイダと組んでサービスを展開することにより料金の値下げをしたり、キャッシュバックキャンペーンをすることにより「実質月額○○円」というセールスを打ち出しているキャリアが多く見受けられます。
NTTの光回線サービス単体で利用する以外は、殆ど実質的な値下げが行われています。
ここで注目すべきことは「実質的な値下げ」という点です。
NTTのフレッツ光ギガファミリー・スマートタイプの料金は通常で5,700円ですが、2015年2月4日の時点で「ギガ推し!キャンペーン」で300円値引き、「にねん割」で700円値引きで「実質4.
600円」になります。
この値下げは恒久的なものではないので、キャンペーンやサービスが終了すると消滅してしまいます。
あくまで、一時的な値下げということです。