炊飯器は、料理をする家庭なら必ずありますよね。そんな家電製品だと思います。炊飯器で節電対策をしていこうと思います。出来るのでしょうか。実際に出来る節電対策は、あまり多くはないようですね。(汗)節電対策と言えば意味で言うと、炊飯器は電気を使いご飯を炊く物です。そうすると、かなりの電力を消費します。ですから、炊飯器を使わないようにして鍋などを使い炊くようにすると節電効果は高いと思います。(笑顔)それでも基本的に炊飯器で炊くことが多い中で、お鍋で炊いたことが無くて難しいのではないかと感じる人も多いと思います。しかし、炊く時のお水の量さえ覚えてしまえば、実際は炊飯器よりおいしく炊くことができると思います。その為にも是非ともチャレンジしてみてください。そうして欲しい方法だと思います。(笑顔)あと、炊飯器における節電対策として出来ることですが、保温に関してですね。そう思います。保温は、どうしてもずっと熱を出して温めます。仕方のない事でもあります。ですから、消費電力もその時間はずっとかかっていることになりますよね。(汗)節電対策としては、余ったご飯を冷凍保存させます。<余ったご飯を冷蔵保存する場合>チャーハンなどに使うと電力を使わないで済みます。これは良い節電対策方法だと思いますよ。(笑顔)

関連ページ